SSブログ

『マグダラで眠れ』 [ライトノベル(少年・総合)]


マグダラで眠れ (電撃文庫)

マグダラで眠れ (電撃文庫)

  • 作者: 支倉 凍砂
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2012/07/10
  • メディア: 文庫


「狼と香辛料」の支倉凍砂の新シリーズ。
デビュー作で、ライトノベルと商業をミックスした作者が、このシリーズで挑むのは、錬金術。
主人公のクースラは、背信行為の罰として、戦争の最前線の町へ送られる。そこでは、前任者が謎の死を遂げており、その工房を引き継ぐことになったのだが、そこには”監視役”の白い修道女がいて・・・

派手さはないが、まっとうな錬金術、中世風世界を描いていて、今後が楽しみなシリーズ。

★★★★

にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ

狼と香辛料 (電撃文庫)

狼と香辛料 (電撃文庫)

  • 作者: 支倉 凍砂
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 文庫



狼と香辛料〈17〉Epilogue (電撃文庫)

狼と香辛料〈17〉Epilogue (電撃文庫)

  • 作者: 支倉 凍砂
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2011/07/08
  • メディア: 文庫



【関連記事】
『狼と香辛料』
『狼と香辛料〈17〉Epilogue』
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 2

ふもっ!?

狼と香辛料は、通貨とかのギミックが面白いなぁとかありましたが、何はともあれロレンスとともに、ホッロホロにされてしまうのが楽しい本でした。
新作出たのですね。こんど読んでみよう
by ふもっ!? (2012-08-28 00:53) 

cherryh

ふもっ!? さん、コメントありがとうございますー。

まあねえ、ホロがなんといっても強烈でしたが、そこは、商業を持ってきたからこそ、ロレンスの、武力腕力魔術に寄らない主人公の「武器」との対比が生きているというのもありかと思いますです。
by cherryh (2012-09-02 17:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます